数学における秀でた生徒を育成するためのシンポジウム
―世界の英才教育と自ら学ぶ子どもの育成―


主題

学びたい子どもが自ら進んで学べる公正な教育が話題にされています。ブルガリア、ベトナム、中国における数学オリンピックへの取り組みを例に、学びたい子どもが自ら進んで学べる公正な算数・数学教育像を探ります。

註: 「数学における秀でた生徒」とは数学を自ら考え自ら学ぶ才能を備えた生徒であり、「数学における秀でた生徒を育成する」公正な教育とは、数学において、すべての生徒が、その才能をそれぞれに伸ばしえる開かれた教育環境(公正な教育の原理)の下で、自ら学ぼうとする生徒がそれぞれに一層、才能を伸ばすことができるようにする教育を指します。
NCTM Principle(2000)Equity.Excellence in mathematics education requires equity-high expectations and strong support for all students.

日時: 平成 18 年 12 月 2 日(土) 8 時 50 分 〜 12 時 20 分
場所: 筑波大学附属小学校講堂
主催: シンポジウム実行委員会
後援: 日本数学教育学会,筑波大学数学系

>> ポスター (PDF: 549 KB)
>> 報告書 (PDF: 9 MB)

プログラム

開場 ( 8 時 50 分)

開会

各国報告

    ベトナム/中国/ブルガリア

休憩

パネル「数学に秀でた生徒の育成方略を探る」

    提言1/数学に秀でた子どもを育てるには?
    提言2/数学に秀でた子どもを育てる政策とは?
    補足/全体討議/総括

閉会 ( 12 時 20 分)

シンポジウム実行委員会

実行委員長 飯高茂(学習院大学)
委員 長岡亮介(放送大学) 渡辺公夫(早稲田大学)
清水静海(筑波大学) 坂井 公(筑波大学)
礒田正美(筑波大学) 大根田裕(筑波大学)
川崎宣昭(筑波大学) 松嵜昭雄(筑波大学)

お申し込み

  1. 参加申し込み方法
    事前申し込みは終了しました.参加希望の方は当日直接お越し下さい.
    インターネット上で簡単に申し込みいただけます.
    こちらからお申し込み下さい.

  2. 参加費
    無料.

  3. 参加資格
    特に問いません.

  4. 事務局・問い合わせ先
    〒305-8572 つくば市天王台 1-1-1   筑波大学教育開発国際協力研究センター(CRICED)
    Tel : 029-853-6573(青山・茅野)/7286(礒田)


2002